社員紹介

OJT対談

Member Profile

  • OJTリーダー

    植田 章稔

    関西支店法人営業二部 
    2019年入社

  • 新入社員

    濵田 光

    関西支店法人営業二部 
    2021年入社

011年後に目指す姿を
一緒に考える

OJTはどのようにスタートしたのでしょうか?

濵田東京本社での研修を終えて、5月の連休明けから関西支店に本配属となりました。配属初日に不動産会社のお客様へのアポに同行させていただいたのですが、とにかく初めての経験で、緊張しながらOJTリーダーの植田さんの隣に座って、専門用語が飛び交う会話を聞いていたのを思い出します。

植田その場でお客様に当社の新入社員ということで紹介し、名刺交換もしてもらいましたね。初対面ながら、自分とお客様との共通点から会話を広げて、きちんとコミュニケーションを取っていて、営業向きのタイプなんだなと感じました。OJTを開始して少ししてから、初回の OJT定期報告書を人事部に提出するのですが、それに先駆けて課長を含めた三者面談の場を持ち、1年後に目指していく姿を一緒に考え、目標を設定しました。

濵田もともと営業志望だったので、いろいろなお客様と話すのは楽しく、テレアポや飛込み営業にも抵抗感がなかったのですが、契約書や重要事項説明書の作成はかなり難しく感じました。営業として欠かせない業務のため、そうした点にも重点を置いて成長していけるよう、課長や植田さんからはアドバイスをいただきました。

02質問しやすい
環境づくりのために

一緒に仕事をする上で
気を付けていることはありますか?

植田業務の報連相は徹底してもらっています。分からないことはできるだけその場で解決してほしいので、濵田ひとりで外出しているときでも、不明点があればすぐ電話やチャットで連絡をくれるのは良い傾向と思っています。社内にいれば私からも「今どんな感じ?」「大丈夫?」など積極的に声をかけ、困っていることがないか確認しています。

濵田特定の案件の契約の流れや必要書類についてなど、適宜聞いて教えていただいています。身近に質問できる先輩がいて、「聞くべき相手を探す」という状況がないのは非常にありがたいです。

植田何かを伝えるときは、できるだけ背景を共有するよう意識しています。例えば資料作成でも「なぜ今これが必要なのか」「どうしてこういう書き方をするのか」を伝え、納得感をもって臨んでもらうことが大切だと感じています。逆に、濵田から受けた素朴な質問が、業務を新しい視点から見るきっかけになったりしておもしろいですね。

濵田植田さんは年次が近いこともあって話しやすく、一緒にランチに出たときなどプライベートのこともいろいろ話します。植田さんの家電好きなところなど、仕事を超えてかなり影響を受けています(笑)。普段からの話しやすさが、仕事での質問しやすさにつながっているのかもしれません。

03業務の精度・スピードを
上げていく

これまで半年間のOJTを
振り返っての手応えとは?

植田営業活動を通して、不動産売買に関する知識は着実に増えてきていますね。書類作成でも、初めの頃は文章上の表記統一などまで口酸っぱく指導していたものの、そうした細かいミスが減ってきていて進歩を感じています。

濵田少しずつ土地勘が付き、「この立地でこの構造だったら利回りは〇%ぐらいかな」「これは売れやすい物件かな」など、漠然とながら分かるようになってきた気がします。また、書類作成ではスピードを問われることも多い中、植田さんから作業手順などのちょっとしたコツを教えていただき、効率化が進むことがよくあります。

植田社内はフリーアドレスですが、最初の1カ月間は隣の席に座ってすぐに話せるようにし、2カ月目以降はあえて並んで座らないようにしたのも正解だったように思います。実はこれは、私が OJTを受けた先輩のやり方を踏襲したのですが、尋ねる前にいったん自分で考える時間を持つこと、そして私以外の先輩との交流も増やしてほしいという意図があります。実際に、最近ではチーム外の先輩にもよく質問している姿を見かけて嬉しいです。

04営業としての
独り立ちに向けて

OJTでの今後の目標について教えてください。

植田濵田は、それぞれのお客様に合わせた話し方が自然にできるなど、トーク力に長けていると感じています。そうした強みを活かしながら、お客様から「濵田さんにお任せしたい」と思われるような信頼関係を築いていってほしいです。

濵田目下の目標は、やはり営業としての独り立ちです。入社1年目の OJTが終了するまでには、営業活動から契約・決済までひと通りの流れをつかみ、必要な書類・資料の準備なども含めて一人でできるようにならなければと思っています。

植田そのためにも、短期的には今取り組んでいる案件を無事にやり遂げることが重要ですね。濵田が初めて前面に立ち、メインでお客様とのやりとりや各種手配、書類作成などを一貫して担当しているもので、今後に向けた貴重な経験になると思います。私もできる限りサポートしていきます。

濵田植田さんはいつも、私の仕事が遅れそうになると一緒にスケジュールを見直してくれたり、不明点を時間をかけて教えてくれ、感謝の一言に尽きます。私もいつか後輩ができたら、植田さんのように「優しく、時に厳しい先輩」を目指したいと本気で思っていますので!

Page Top

超えてゆけ

Mitsubishi Real Estate Services Recruit 2024