三菱地所リアルエステートサービス株式会社

RECRUIT 2022

ENTRY MY PAGE マイナビ2022
Member 03

山中 英明

鑑定部
2007年入社(キャリア入社)
Interview 01

現在の業務

対象となる土地や建物について、公示価格や路線価、周辺エリアの市況データを収集・分析し、現地の状況や権利関係等も調査して、それらの結果をもとに不動産の時価を評価する―これが鑑定部の仕事です。「不動産鑑定士」という国家資格を有する社員がこの業務に携わります。お客様から直接ご相談いただくこともありますが、他の事業グループから声が掛かりお取引先に同行するなど、社内協業が多いのもこの部署の特徴。「不動産を売却するか保有し続けるか、検討するためにまずは今の価値を知りたい」というように、お客様が不動産鑑定をご依頼される背景には切実な理由があります。一件一件真摯に向き合い、細心の注意を払いながら鑑定評価を行って、的確な評価をお届けすることを大切にしています。

Interview 02

これまでのキャリア

新卒では別の業界に就職し、仕事をしながら不動産鑑定士の資格を取得。不動産鑑定事務所で評価のノウハウを学んだ後、売買仲介など不動産に関わる他の業務領域についても経験したい、という思いから当社へ。希望が叶い、入社当時はアドバイザリー部で売買仲介業務に携わりました。そこでは同時に不動産鑑定士の資格が必要となる案件も担当していました。その頃の当社には不動産鑑定を専門に行う部署は無く、有資格者も私一人。しかし次第に不動産鑑定の依頼が増え始めたことから、有資格者をもう一人迎え入れ、2010年に2名体制で立ち上げたのが現在の鑑定部の前身です。部署の実績も順調に伸び、現在では有資格者8名・アシスタント7名の大所帯に。不動産サービスを提供する会社としての当社の裾野を広げることに、少しは貢献できたのではないかと感じています。

Interview 03

乗り越えたハードル

入社3年目、財政に行き詰った第三セクターが所有する大規模ビルの不動産鑑定を担当することに。当該所有ビルを売却することを前提に財政立て直しを図るも、いずれの購入検討者の購入希望価額も低廉で債権者等の利害関係者の合意を得ることは難しいと判断、地方公共団体への売却を模索することになりました。その際、前提として時価評価、つまり売却額の根拠となる透明性の高い鑑定評価が必要となります。すでに他の鑑定機関が提出した評価書がありましたが、周辺エリアの市況や対象のビルの状況を踏まえると、やや価格が高い印象。「ある程度シビアな見方をしていく」という方針のもと、評価作業が始まりました。様々なデータを収集・分析し、現地でビルの状態や周辺の様子も確認。テナントが入居した場合を想定して賃料や稼働率も予測し、さまざまな収益の見通しを立てながら鑑定評価を進めました。ようやく評価書をお客様にご提出できたのは、ご依頼相談から約1年後のことです。後日、お客様から当社が算出した評価額とほぼ同じ価格で取引が成立したとのお話をいただき、嬉しかったですね。約1年に及ぶ案件はそうそうなく、公私の法人を利害関係者とする案件を纏める一翼を担った鑑定評価をやり遂げた達成感は何事にも替え難い経験になりました。

Interview 04

今後のビジョン

これから不動産鑑定の業界は大きく変化していくと考えています。鑑定評価に不可欠なデータの収集・分析は、今後はAIの利活用を無視できなくなるでしょう。そこで不動産鑑定士に求められるのは、産業の変革をもたらすとされる先端技術を駆使して、これらがはじき出すデータを読み解いて適正な評価額をスピーディに導き出し、お客様にご納得いただける評価を提示する力。ただ、これらの技術に寄り掛かるのではなく、自らの経験を重ね、不動産鑑定士としての確かな知見を身につけていく必要性も感じており、経験や研鑽を積んでいくことが目標です。また、私個人の成長はもちろんですが、鑑定部の人財を教え導く立場でもありたいと思っています。配属当初は不動産鑑定士の資格を有していないケースも多いので、資格取得も積極的に後押ししていきたいですね。鑑定評価が求められるシーンで確かな存在感を発揮し、「三菱地所リアルエステートサービスに鑑定部あり」という認識が社内外で浸透する、この部署をそんな風に育てていきたいと考えています。

OFF TIME

体を動かすことが好きで、休日には自宅付近の河川敷にサイクリングに出かけています。ここ数年はまっているのが、“結果にコミットする”某ジムでのトレーニング(笑)。食事制限もあって最初はつらいと感じたのですが、体が慣れてくる頃には体重も落ち、体型がかなりスリムに。ライフスタイルもすっかり健康的になり、健康診断での要注意項目もなくなりました。

※取材は2018年11月時点の内容です。